2023年版|空き家を売る?貸す?判断基準と売却する際のポイントを解説


空き家を売る?貸す?判断基準と売却する際のポイントを解説

この記事のハイライト
●空き家を売るとまとまった資金が得られるメリットがあり、賃貸物件として貸し出すと毎月一定の家賃収入を得られるメリットがある
●空き家の売却方法には「そのままの状態で売却する方法」「解体して更地にする方法」「リフォームする方法」の3つがある
●空き家を売る前には、隣地との境界を確定しておくことや、インスペクションにより状態を把握しておくことがポイントである

空き家を所有している方のなかには、空き家を売却してしまうべきか賃貸物件として貸し出したほうが良いか、迷っている方も多いのではないでしょうか。
どちらもメリットとデメリットがあるため、よく考えたうえで決断することをおすすめします。
そこで、空き家を「売る」か「貸す」かの判断基準、また空き家の売却方法とポイントを解説します。
津島市、弥富市で空き家を所有していらっしゃる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事の執筆者

このブログの担当者  渡邉  友浩

株式会社不動産トータルサポート代表取締役
岐阜県出身 南山大学法学部卒 業界歴 24年
保有資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー
ハウスドゥ155号稲沢、ハウスドゥ家・不動産買取専門店 155号稲沢、ハウスドゥ愛西、ハウスドゥ弥富を運営しています。
市街化調整区域の物件の企画、売却は特に自信があります。不動産(空き家)、相続のお悩みもお気軽にご相談ください!!
年間100件以上の売却相談を頂いています!!

\お気軽にご相談ください!/

空き家を「売る」か「貸す」かの判断基準とは?

空き家を「売る」か「貸す」かの判断基準とは?

空き家を「売る」か「貸す」かで迷っている場合は、それぞれのケースのメリットとデメリットを確認してから判断すると良いでしょう。
両者を比較すれば、どちらがご自身に適しているか判断する際の材料となります。

空き家を売る場合のメリット・デメリット

空き家を売る場合には以下のようなメリットがあります。
売るメリット①まとまった資金を得られる
空き家を売れば、まとまった資金が得られる点がメリットです。
建物は築年数とともに資産価値が減少するため、基本的には思い立ったときが一番高く売れるタイミングと言えます。
売るメリット②維持管理費や手間が不要になる
空き家を売れば、空き家にかかる固定資産税などの税金や、空き家管理の手間が不要になるメリットがあります。
たとえ空き家でも所有者には適切に管理する義務が生じます。
空き家を売ればこのような負担が減るため、無駄な費用と手間を抑えることができるでしょう。
一方で、空き家を売るデメリットには以下の点が挙げられます。
売るデメリット①家を手放すことになる
空き家を売却すれば、当然ながら家に戻りたくても戻ることはできません。
現在は空き家であっても将来的に住む可能性がある場合は、売るのは現実的ではないでしょう。

空き家貸す場合のメリット・デメリット

空き家を貸す場合には以下のようなメリットがあります。
貸すメリット①毎月家賃収入が得られる
空き家を賃貸物件として貸し出せば、毎月家賃として決まった収入を得ることが可能です。
家賃で得た収入で、固定資産税などの維持費に充てることができます。
貸すメリット②借主が管理してくれる
誰かが住んでいるかどうかによって、空き家の劣化スピードは変わります。
賃貸物件で借主が住めば、掃除や換気をしてもらえるため、所有者の管理する手間がなくなる点がメリットです。
一方で、空き家を貸すデメリットには以下の点が挙げられます。
貸すデメリット①空室リスクがある
賃貸物件として空き家を貸し出すことに決めても、立地条件などによっては借主がすぐに見つかるとは限りません。
当然ながら借主が見つからなければ、家賃収入を得ることはできないため、管理費用は貯金などから捻出しなければならなくなるでしょう。
貸すデメリット②借主とトラブルになることもある
借主によっては家賃を滞納したり、近所の方とトラブルを起こしたりするケースもあります。
その際は、所有者がトラブルを解決することになり、心労となるでしょう。


↓不動産売却のお悩みを解決します!!


▼この記事も読まれています
津島市不動産売却|不動産売却後に必要な確定申告とは?必要書類や申告方法を解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家の活用予定がない場合は売るのがおすすめ!3つの売却方法とは

空き家の活用予定がない場合は売るのがおすすめ!3つの売却方法とは

将来的に空き家に住む予定がない場合は、資産価値が高いうちに早めに売ることを検討したほうが良いでしょう。
空き家の売却方法には、以下の3つがあります。

方法①そのままの状態で売る

時間と手間をかけたくない方は、空き家をそのままの状態で売却するのがおすすめです。
そのままの状態で売却する際は「中古住宅」として売り出す方法と「古家付き土地」として売り出す2つの方法があります。
空き家が比較的新しく住めるような状態であれば「中古住宅」として売却できる可能性があるでしょう。
一方で、空き家が古く築20年以上経過しているような空き家の場合は、土地をメインとして売り出す「古家付き土地」がおすすめです。
そのままの状態で売る方法は、売却価格はほかの販売方法と比べると安くなる可能性はありますが、解体する手間と費用が不要なメリットがあります。

方法②解体して更地にして売る

空き家を解体して更地にして売り出す方法もあります。
劣化が激しく倒壊の恐れがある場合などにはおすすめの方法です。
解体費用がかかるデメリットはありますが、更地のほうが需要が高くスムーズに売却できる可能性が高いでしょう。

方法③リフォームしてから売る

空き家をリフォームして住める状態にしてから売り出す方法もあります。
リフォームすれば魅力的な物件になるため、買い手が付きやすくなる点がメリットです。
ただしリフォームするには、高額なリフォーム費用を負担することになります。
またリフォーム内容によっては、買主の趣味に合わなければ、物件の購入対象から外されてしまう可能性もあるため注意が必要です。
リフォームする際は細分までこだわるのではなく、スタンダードな内容に絞ったリフォームが良いでしょう。


↓動画で解説します!おうちノウハウ講座!是非、ご覧ください!!

ノウハウ動


▼この記事も読まれています
【2023年版】不動産売却前にリフォームは必要?メリット・しない場合の注意点も解説!

↓初めての不動産売却は心配ですよね!不安を払拭したい方にご覧いただきたいです!!

売却初心者


\お気軽にご相談ください!/

空き家を売る際のポイント

空き家を売る際のポイント

最後に空き家をスムーズに売るためのポイントを解説します。
売却前に知っておきたいポイントは以下の3つです。

  • 売る前に境界を確定させておく
  • インスペクションを実施しておく
  • 長期的な売却計画を立てる

それぞれのポイントをご説明します。

ポイント①売る前に境界を確定させておく

古い空き家の場合、隣地との境界が曖昧となっているケースが多いです。
境界が確定していない土地は、トラブルに発展しやすいため売れにくくなってしまいます。
そのため空き家を売る前は、確定測量をおこない境界を確定しておくことをおすすめします。
確定測量は専門の測量士によっておこなわれ、3~4か月の期間がかかるのが一般的です。
そのため、売却することを決めたらできるだけ早く取り掛かるべきと言えるでしょう。

ポイント②インスペクションを実施しておく

古い空き家は、劣化が進んでいることもあり、さまざまな不具合が生じている可能性があります。
買主の立場から考えると、どのような状態なのか気になり、購入にためらってしまうことも少なくありません。
そこで、住宅がどのような状態か把握するためにおすすめなのが「インスペクション」です。
インスペクションとは、住宅診断のことで劣化状態や欠陥などをチェックするサービスです。
インスペクションにより、空き家に欠陥など不具合がないと分かれば、買主も安心して購入することができます。
売主・買主ともに安心して売買するために、インスペクションの実施を検討してみてはいかがでしょうか。

ポイント③長期的な売却計画を立てる

空き家は年々増加傾向にあり、立地や築年数などによってはすぐに買主が見つからない可能性があります。
そのため、時間がかかることを想定し長期的な計画を立てておくと良いでしょう。
早く売りたいと焦ってしまうと、早い段階で値下げ交渉に応じて結果的に損をしてしまいます。



▼この記事も読まれています
【2023年版】不動産売却にかかる仲介手数料とは?計算方法や安さ重視で選ぶリスクを解説!

まとめ

空き家を「売る」か「貸す」かで迷った場合は、それぞれもメリットやデメリットを比べて判断すると良いでしょう。
また活用予定がない場合は、空き家の状態に応じて売却方法を決め、資産価値が高いうちにできるだけ早く売ることをおすすめします。
売却前は、インスペクションをして空き家の状態を把握しておくと、売主・買主ともに安心して取引ができるでしょう。
津島市の不動産売却なら「 ハウスドゥ 弥富・佐屋(株)不動産トータルサポート」へ。
津島市のほかに弥富市にも密着しており、お客様に情報をより迅速・豊富・的確に提案いたします。
不動産のことならなんでも、お気軽にご相談ください。




査定依頼








【ハウスドゥ 弥富・佐屋(株)不動産トータルサポートの不動産売却得意エリア】

愛西市、津島市、弥富市を中心とした西尾張全域

【ハウスドゥ 弥富・佐屋(株)不動産トータルサポートの不動産買取可能エリア】

愛西市、津島市、弥富市を中心とした愛知県全域

商号    ハウスドゥ 弥富・佐屋(株式会社不動産トータルサポート )

代表者名 代表取締役 渡邉 友浩

所在地  〒496-0903 愛知県愛西市内佐屋町河原7番地

電話番号 0567-69-5660

FAX      0567-69-5662

定休日   毎週 水曜日

営業時間 10:00~18:00

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0567-69-5660

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週 水曜日

渡邉友浩の画像

渡邉友浩

部署:代表取締役

資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー

この仕事は『ありがとう』が溢れています。お取り扱いする商品が高価であるため、責任が重くプレッシャーが大きい仕事です。ただ、それ以上に、『良い物件を見つけてくれてありがとう!!』『早く売却してくれてありがとう!!』『困ってる不動産の問題が解決できてありがとう!!』など。お客様から本当にたくさんの『ありがとう』を頂きます。地域の不動産業者にしかできない仕事で街づくりに貢献していきたいです。

渡邉友浩が書いた記事

関連記事

不動産売却のこと

市街化調整区域のこと

空き家のこと

売却査定

お問い合わせ